【おすすめ】秋に聴きたい洋楽まとめ

くらげのシアタールーム

色付く木々を見ていると、何となくアンニュイな気分になりませんか?

そんな気分をオシャレに格上げしてくれる、洋楽。

今日はそんな秋に聴きたい洋楽をご紹介します!

歌詞と日本語訳もつけてみました♪

スポンサーリンク

Autum Leaves / Eric Clapton

ジャズの名曲「Autum Leaves」を、ギターの名手としても知られるエリック・クラプトンが弾き語りしていています。

アレンジも歌声も素晴らしく、秋になると聴きたくなる一曲です。

Eric Clapton -Autumn Leaves

The falling leaves
Drift by my window
The autumn leaves
Of red and gold

I see your lips
The summer kisses
The sunburned hands
I used to hold

Since you went away
The days grow long
And soon I’ll hear
Old winter’s song

But I miss you most of all
My darling
When autumn leaves
Start to fall

落ちゆく葉々
窓の外を流れてゆく
秋の葉々
赤や黄色の

僕は君の唇に
夏の数々のキスを思い出す
日に焼けた手は
僕がいつも握っていたんだ

君がいってしまってから
長い日々が過ぎた
そしてもう少しすれば聞こえるだろう
昔の冬の歌が

でも僕は何よりも君が恋しいよ
愛しい人
落ち葉が
散り始めると

Don’t know why / Norah Johnes

インドで最も有名な音楽家とも言われるシタール奏者を父に持ち、自身もギターやピアノを弾きこなすシンガーソングライター。

そんな彼女の歌声と繊細な音楽性を満喫できる、この曲。

私は一年中聴いていますが(笑)、爽やかでノスタルジックなこの曲、特に秋の日にはおすすめです。

Norah Jones – Don't Know Why (Official Music Video)

I waited ‘til I saw the sun
I don’t know why I didn’t come
I left you by the house of fun
I don’t know why I didn’t come
I don’t know why I didn’t come

When I saw the break of day
I wished that I could fly away
Instead of kneeling in the sand
Catching teardrops in my hand

My heart is drenched in wine
But you’ll be on my mind
Forever

Out across the endless sea
I would die in ecstasy
But I’ll be a bag of bones
Driving down the road alone

My heart is drenched in wine
But you’ll be on my mind
Forever

Something has to make you run
I don’t know why I didn’t come
I feel as empty as a drum
I don’t know why I didn’t come
I don’t know why I didn’t come
I don’t know why I didn’t come

太陽が見えるまで待っていた
何故かはわからない 私は行かなかった
楽しい家にあなたを置いて
何故かはわからない 私は行かなかった
何故かはわからない 私は行かなかった

あの日が終わったとき
飛び立つことができたらよかったのに
砂に膝をつくかわりに
手に涙が落ちる

私の心はワインに浸されている
でもあなたは私の中にいる
ずっと

終わりのない海を見晴らして
恍惚の中で死んでしまいそう
でも私はカバンに収まる骨になる
ひとりで道を下っていく

私の心はワインに浸されている
でもあなたは私の中にいる
ずっと

何かがあなたを走らせる
何故かはわからない 私はいかなかった
ドラムみたいに空虚な気分
何故かはわからない 私はいかなかった
何故かはわからない 私はいかなかった
何故かはわからない 私はいかなかった

Collide – Acoustic Version / Howie Day

2004年に発売されたこの曲。

アルバムに入っているアコースティックバージョンは特に秋にピッタリです!

The dawn is breaking
A light shining through
You’re barely waking
And I’m tangled up in you
Yeah

But I’m open, you’re closed
Where I follow, you’ll go
I worry I won’t see your face
Light up again

Even the best fall down sometimes
Even the wrong words seem to rhyme
Out of the doubt that fills my mind
Out of the doubt that fills your mind
I somehow find
You and I collide

I’m quiet you know
You make a first impression
Well, I’ve found I’m scared to know
I’m always on your mind

Even the best fall down sometimes
Even the stars refuse to shine
Out of the back you fall in time
I somehow find
You and I collide

Don’t stop here
I lost my place
I’m close behind

Even the best fall down sometimes
Even the wrong words seem to rhyme
Out of the doubt that fills my mind
Out of the doubt that fills your mind
You finally find
You and I collide

You finally find
You and I collide
You finally find
You and I collide

夜が明けていく
光が差し込んでくる
君は寝ぼけまなこ
そして僕は君にもつれる
そうさ

でも僕は開いている、君は閉ざされたまま
僕が向かうところを、君は出ていこうとする
君の顔を見られないことが不安だ
もう一度輝かせて

最高の時だって、落ち込むこともある
間違った言葉だって、詩に聞こえたりする
僕の心を満たす疑いから
君の心を見たす疑いから
僕はどうにか認める
君と僕は衝突している

僕は物静かだよね
君はそんな第一印象を持っている
僕は知るのを怖がっているんだって気が付いた
僕がいつも君の心の中にいるのか

最高の時だって、落ち込むこともある
星たちだって、輝くのを拒んだりもする
君が背中から時に落ちる
僕はどうにか認める
君と僕は衝突している

ここで止まらないで
僕の場所を失ってしまう
僕は君のすぐ後ろにいるよ

最高の時だって、落ち込むこともある
間違った言葉だって、詩に聞こえたりする
僕の心を満たす疑いから
君の心を満たす疑いから
君はとうとう気が付く
君と僕は衝突している

君はとうとう気が付く
君と僕は衝突している
君はとうとう気が付く
君と僕は衝突している

Photograph / Ed Sheeran

大人気シンガーソングライター、エドシーラン。

離れてしまう恋人に、離れていても想い続けるよ、と語り掛ける、一途な歌です。

MVでは、エド・シーラン本人の幼少期が見られます。

Ed Sheeran – Photograph (Official Music Video)

Loving can hurt
Loving can hurt sometimes
But it’s the only thing that I know

When it gets hard
You know it can get hard sometimes
It is the only thing that makes us feel alive

We keep this love in a photograph
We made these memories for ourselves
Where our eyes are never closing
Hearts are never broken
Times forever frozen still

So you can keep me inside the pocket
Of your ripped jeans
Holdin’ me closer
‘Til our eyes meet
You won’t ever be alone
Wait for me to come home

Loving can heal
Loving can mend your soul
And it’s the only thing that I know

I swear it will get easier
Remember that with every piece of ya
And it’s the only thing we take with us when we die

We keep this love in a photograph
We made these memories for ourselves
Where our eyes are never closing
Hearts are never broken
Times forever frozen still

So you can keep me inside the pocket
Of your ripped jeans
Holdin’ me closer
‘Til our eyes meet
You won’t ever be alone

And if you hurt me
That’s OK, baby, only words bleed
Inside these pages you just hold me
And I won’t ever let you go
Wait for me to come home

Oh you can fit me
Inside the necklace you got when you were 16
Next to your heartbeat
Where I should be
Keep it deep within your soul

And if you hurt me
Well, that’s OK, baby, only words bleed
Inside these pages you just hold me
And I won’t ever let you go

When I’m away
I will remember how you kissed me
Under the lamppost back on 6th street
Hearing you whisper through the phone,
“Wait for me to come home.”

愛することで傷つく
愛することで傷つくこともあるんだ 時々
でも僕に分かるのはこれだけだ

辛くなった時は
辛くなる時もあるよね 時々
それだけが僕らに生きていると感じさせるんだ

僕らはこの恋を写真に残して
僕たちだけの思い出を作ったんだ
そこでは僕らの瞳は決して閉じないし
心も絶対に壊れることはない
時も永遠に止まったまま

だから君はポケットの中に僕を留めておけるよ
君のダメージジーンズのね
僕を握りしめていて
僕らが見つめあうまで
君は決して一人じゃない
僕が家に帰るのを待っていて

愛することで癒される
愛することで魂が洗われんだ
そう、僕に分かるのはこれだけ

誓うよ 少しずつ楽になるはずさ
君のすべてでそれを覚えていて
そして僕らが死ぬ時に持っていくのはそれだけなんだ

僕らはこの恋を写真に残して
この思い出を僕らだけのものにしたんだ
そこでは僕らの瞳は決して閉じないし
心も絶対に壊れることはない
時も永遠に止まったまま

だから君はポケットの中に僕を留めておけるよ
君のダメージジーンズのね
僕を近くで抱きしめて
僕らの目が合う時まで
君は決して一人じゃない

もし君が僕を傷つけても
それも大丈夫 ベイビー、血を流すのは言葉だけ
このページの中で君はただ僕を抱きしめる
そして僕は絶対君を離しはしない
僕が家に帰るのを待っていて

僕を身に付けてもいいよ
君が16歳の時にくれたネックレスの中で
君の鼓動の隣で
そこが僕のいるべき場所
君の魂の奥深くに留めておいて

もし君が僕を傷つけても
それも大丈夫 ベイビー、血を流すのは言葉だけ
このアルバムの中で君はただ僕を抱きしめる
そして僕は絶対君を離しはしない

離れているときには
君がどうやって僕にキスをしたか思い出すよ
6番通りの街頭の下で
電話の向こうで君のささやく声を聞くんだ
『私が家に帰るを待っていて』

Stay with you / John Legend

憂いと深みのある歌声とHip Hopのエッセンスが融合している、稀有なR&B歌手、ジョン・レジェンドのデビューアルバムに入っている曲です。

一途でまっすぐに愛を歌う、美しい曲です。

We’ve been together for a while now
We’re growing stronger everyday now
It feels so good and there’s no doubt
I will stay with you as each morning brings sunrise
And the flowers bloom in springtime
On my love you can rely
And I’ll stay with you

Oh I’ll stay with you through the ups and the downs
Oh I’ll stay with you when no one else is around
And when the dark clouds arrive
I will stay by your side
I know we’ll be alright
I will stay with you

Though relationships can get old
They have the tendency to grow cold
We have something like miracle
Yeah, and I’ll stay with you

Oh I’ll stay with you through the ups and the downs
Oh I’ll stay with you when no one else is around
And when the dark clouds arrive
I will stay by your side
I know we’ll be alright
I will stay with you

And there will be heartaches and pains, yes it will
But through it all, we will remain
In this life, we all know
Friends may come, and they may go
Through the years I know
I will stay
And in the end I know that we’ll find
Love so beautiful and divine
We’ll be lovers for the lifetime, yeah
And I’ll stay with you
I will stay with you

Oh I’ll stay with you through the ups and the downs
Oh I’ll stay with you when no one else is around
And when the dark clouds arrive
I will stay by your side
I know we’ll be alright
I will stay with you
Everything will be fine
And I will stay with you
Through the end of time
I will stay with you

しばらく一緒にいるね
僕たちはいま、毎日強くなっている
いい気分だ 何の疑いもない
毎朝日が昇るとき、君と一緒にいるよ

春には花が咲くだろう
僕の愛を信じて
僕は君と一緒にいるよ

良いときも悪いときも一緒にいよう

周りに誰もいない時だって、僕はそばにいる
黒い雲が追ってきた時も
僕は君のそばにいる
大丈夫だよ
一緒にいるよ

関係は朽ちることもあるし
冷めてしまうこともある
僕たちは奇跡を起こすこともできる
さあ、一緒にいよう

良いときも悪いときも一緒にいよう

周りに誰もいない時だって、僕はそばにいる
黒い雲が追ってきた時も
僕は君のそばにいる
大丈夫だよ
一緒にいるよ

悲しみや痛みもきっとあると思う
でも全部乗り越えて、踏みとどまろう
この人生の中で、僕たちはみんな知っている
友達が出来ても、離れていくかもしれない
年月を通して僕は知っている
僕はそばにいる
そして終わるときに僕たちは気が付くんだ
愛がどれほど美しく神聖なものか
僕たちは生きている限り恋人同士さ
だから一緒にいる
君と一緒にいるよ

良いときも悪いときも一緒にいよう

周りに誰もいない時だって、僕はそばにいる
黒い雲が追ってきた時も
僕は君のそばにいる
大丈夫だよ
君と一緒にいるよ
何もかもうまくいくさ
だから君と一緒にいるよ
時が終わるまで
僕は君と一緒にいるよ

How long Will I love You / Ellie Goulding

映画『ABOUT ME』でも使われていた一曲。

実は1990年にアメリカのフォークロックバンドThe Waterboysがリリースした曲のカヴァーです。

他にも色々な人がカヴァーしていますが、私はこのエリー・ゴールディングさんのカヴァーが染み入るようで好きです。

Ellie Goulding – How Long Will I Love You (Official Video)

How long will I love you
As long as stars are above you
And longer if I can
How long will I need you
As long as the seasons need to
Follow their plan

How long will I be with you
As long as the sea is bound to
Wash up on the sand

How long will I want you         
As long as you want me to          
And longer by far
How long will I hold you
As long as your father told you
As long as you can

How long will I give to you
As long as I live through you
However long you say

How long will I love you
As long as stars are above you
And longer if I may

How long will I love you
As long as stars are above you

私がいつまであなたを愛しているかって?
星たちがあなたの上にある限り
もしできるならもっと長く
いつまであなたが必要かって?
季節が巡り続ける限り
時に身を任せよう

いつまであなたといるかって?
波が打ち寄せて
砂をさらっていく限り

いつまであなたを求めるかって?
あなたが私を求める限り
そしてそれ以上もっと
いつまであなたを抱きしめているかって?
あなたのお父さんが教えた様に
あなたが出来る限り

いつまであなたに与えられるかしら?
あなたと一緒に生き続ける限り
あなたが言うならいつまででも

私がいつまであなたを愛しているかって?
星たちがあなたの上にある限り
もしできるならもっと長く

私がいつまであなたを愛しているかって?
星たちがあなたの上にある限り

Fallin’ /Alicia Keys

類稀なる歌い手であり、シンガーソングライターであり、自身のプロデュースもこなしているという才能溢れるアリシア・キース。

彼女のバラードも素晴らしいですが、今回は少しダークなラブソングをご紹介します。

散りゆく落ち葉を見ながら、聴いてみてください。

Alicia Keys – Fallin' (Official Video)

I keep on fallin’
In and out of love
With you

Sometimes I love ya
Sometimes you make me blue
Sometimes I feel good
At times I feel used
Lovin you darlin’
Makes me so confused

I keep on Fallin’
In and out of love with you
I never loved someone
The way that I love you

Oh, oh, I never felt this way
How do you give me so much pleasure
And cause me so much pain
Just when I think
I’ve taken more than would a fool
I start fallin’ back in love with you

I keep on Fallin’
In and out of love with you
I never loved someone
The way that I love you

私はまだ落ち続けている
恋に そして そのもっと先に
あなたと一緒に

時にはあなたをただ愛してる
時にあなたは私を落ち込ませる
たまに幸せを感じるけど
時々さみしくも感じる
あなたを愛していると
混乱してしまう

私はまだ落ち続けている
恋に そして そのもっと先に
誰かを愛したことなんてなかった
あなたを愛しているみたいには

こんな感覚は初めて
これほどの歓びをくれる一方で
これほどの苦痛を味わわせる
なんってバカげてるのって
思うやいなや
またあなたとの恋に落ちていくの

私はまだ落ち続けている
恋に そして そのもっと先に
誰かを愛したことなんてなかった
あなたを愛しているみたいには

September / Earth, Wind & Fire

70年代ファンクを代表する「EARTH WIND&FIRE」の代表曲。

一転して底抜けに明るい一曲です。

秋のノスタルジックな気分に飲み込まれそうになった時、この曲を聞くと元気をもらえます!

Earth, Wind & Fire – September (Official Video)

Do you remember the 21st night of September?
Love was changing the minds of
While chasing the clouds away

Our hearts were ringing
In the key that our souls were singing
As we danced in the night,
Remember how the stars stole the night away

Ba de ya – say do you remember
Ba de ya – dancing in September
Ba de ya – never was a cloudy day

My thoughts are with you
Holding hands with your heart to see you
Only blue talk and love,
Remember how we knew love was here to stay

Now December found the love we shared in September.
Only blue talk and love,
Remember the true love we share today

Ba de ya – say do you remember
Ba de ya – dancing in September
Ba de ya – golden dreams were shiny days

The bell was ringing, aha
Our souls were singing
Do you remember
Never a cloudy day

覚えてるかい 9月21日の夜を
よそよそしい2人を愛が変えていった
雲を追い払いながら

僕たちの心は鳴り響いていた
二人の魂が歌うキーで
僕たちが踊った夜のこと
覚えていて どうやって星が夜を盗んでいったか

覚えているかい
9月に踊ったこと
決して曇ることのない日だった

僕の想いはきみと共に
君をみつめる為に 君の心と手を握っているんだ
甘い会話と愛だけでいいのさ
覚えていて 愛は永遠だって僕らは知ったんだ

今12月になって2人が9月に分かち合った愛に気が付いたよ
甘い会話と愛だけでいいのさ
覚えていて 今日2人が分かち合う真実の愛を

覚えているだろう?
9月に踊ったこと
黄金の夢が輝く日々になったんだ

ベルが鳴り響いてさ
僕らの魂は歌っていたんだ
覚えているかい
決して曇ることのない日を

Talking To The Moon / Bruno Mars

稀代のメロディーメーカーとも言われるブルーノ・マーズのアルバム収録曲。

このアルバムに入っている曲はどれも素敵なのですが、一番秋っぽい曲を選んでみました。

失恋後の気持ちを歌った切なくて美しい曲です。

Bruno Mars – Talking To The Moon [Official Lyric Video]

I know you’re somewhere out there
Somewhere far away
I want you back
I want you back
My neighbors think I’m crazy
But they don’t understand
You’re all I had
You’re all I had

At night when the stars light up my room
I sit by myself

Talking to the moon
Try to get to you
In hopes you’re on the other side
talking to me too
Or am I a fool
who sits alone talking to the moon

Oh…
I’m feeling like I’m famous
The talk of the town
They say I’ve gone mad
Yeah, I’ve gone mad
But they don’t know what I know
Cause when the sun goes down
Someone’s talking back
Yeah, they’re talking back

Oh…
At night when the stars light up my room
I sit by myself

Ahh… Ahh… Ahh…
Do you ever hear me calling?
(Ahh… Ahh… Ahh…)
Oh ohh oh oh ohhh
‘Cause every night I’m talking to the moon
still try to get to you
In hope you’re on the other side
Talking to me too
Or am I fool
Who sit alone talking to the moon

Ohhh…
I know you’re somewhere out there
Somewhere for away

君はどこかへ行ってしまったんだね
どこか遠くへ
君に戻ってきて欲しい
君に戻ってきて欲しいんだ
近所の人たちは僕がおかしくなったと思ってる
でも彼らはわかっていない
君が僕のすべてなんだ
君が僕のすべてなんだよ

夜になって星明りが僕の部屋を照らすと
部屋に独りで座って

月に話しかけている
君と繋がりたくて
君も別の場所で
僕に語り掛けていることを願いながら
でも僕はバカなのかな
一人で月に話しかけるなんて


有名になった気分だよ
町で噂されるなんて
みんな、僕がおかしくなったって
そうさ、僕はおかしくなってしまった
でも彼らは何もわかっていない
だって日が暮れれば
誰かが話し返してくれるんだ
そうさ、話しかけてくれるんだ


夜になって星明りが僕の部屋を照らすと
部屋に独りで座って


僕の声が届いてないのかな?


だって毎晩月に話しかけているんだよ
まだ君を諦めきれないんだ
君も別の場所で
僕に語り掛けていることを願っている
でも僕はバカなのかな
一人で月に話しかけるなんて


君はどこかへ出て行ってしまった
どこか遠くへ

For them / Emily King

R&Bシンガーのエミリー・キング。

彼女の二枚目のアルバムの中に収録されている一曲です。

両親に捧げた、とても優しい曲です。

Emily King – For Them

Lead me to water
Songs of my father
Show me the rhythm
Records in the kitchen
I’ll get along, playing my father’s songs

Lead me to shelter
Songs of my mother
Show me the meaning
Music and wonder

I want my mother
I want my mother to be happy
I want my mother to be happy, and I’ll be

I want my father
I want my father to be happy
I want my father to be happy, and I’ll be

In light from the dark, there came a spark
Carried me down with a loving heart
Where do we end
Love never far
Home is all I wanted
Never do we part
I want my father
I want my ooh ooh ooh

私を水へと導いて
お父さんの歌たち
私にリズムをみせて
キッチンでの記録
私はお父さんの曲を演奏して暮らしていくわ

私をシェルターへ導いて
お母さんの歌たち
私に意味を教えて
音楽と奇跡

お母さんに望んでいる
お母さんに幸せでいて欲しいって
幸せでいて欲しいし、私もそうあるつもり

お父さんに望んでいる
お父さんに幸せでいて欲しいって
幸せでいて欲しいし、私もそうあるつもり

暗闇から光のなかに、閃光が走った
愛に満ちた心で私を運んでくれた
どこで終わるのかしら
決して遠くない愛
帰る家だけが望んだものなの
私たちは決して離れない
私はお父さんに望むわ
私は望んでいるの

A Song for You / Donny Hathaway

大学でクラシック音楽を学んだ、という異例の経歴を持つソウルミュージシャン、ダニー・ハサウェイ。

温かくて甘くて深みのある歌声が、まっすぐと心に響きます。

Leon Russell(レオン・ラッセル)が作詞作曲し、Carpenters(カーペンターズ)やRay Charles(レイ・チャールズ)など名だたるミュージシャンにカヴァーされてきた名曲です。

Donny Hathaway – A Song for You (Official Audio)

I’ve been so many places in my life and time
I’ve sung a lot of songs
I’ve made some bad rhyme
I’ve acted out my love in stages
With ten thousand people watching
But we’re alone now
And I’m singing this song to you

I know your image of me is what I hope to be
I’ve treated you unkindly but darlin’ can’t you see
There’s no one more important to me
Darlin’ can’t you please see through me
Cause we’re alone now
And I’m singing this song to you

You taught me precious secrets
Of a true love
You wanted nothing
You came out in front
When I was hiding
But now I’m so much better
And if my words don’t come together
Listen to the melody
’Cause my love is in there hiding

I love you in a place
where there’s no space or time
I love you for in my life
you are a friend of mine
And when my life is over
Remember when we were together

We were alone
And I was singing this song to you

I love you in a place
Where there’s no space or time
I love you for my life
You are a friend of mine
And when my life is over
Remember when we were together

We were alone
And I was singing this song to you
We were alone
And I was singing this song to you
Singing this song to you

人生と時の中でたくさんの場所にいった
数えれない程の歌を歌ってきたし
下手なこともあった
何万もの人々の前で
愛を歌ってきたけど
今は二人き
君に向けてこの歌を歌うよ

君が僕に抱くイメージは僕がありたいと思う姿
君に辛く当たる事もあった でもわかるだろう
君以上に大切なものなんてひとつもない
ダーリン、分かってくれ
今は2人きり
君のためにこの歌を歌っているんだ

君は大切な秘密を僕に教えてくれた
真実の愛の
君は何も求めなかった
君は正面からぶつかってくれた
僕が逃げた時だって
でも今はかなりマシだよ
もし僕の言葉が上手く伝わらないなら
ただこの歌をきいて
僕の愛が込もっているから

君を愛している
いつだって、どこでだって
生涯をかけて君を愛しているし
君は僕の友人でもある
そして僕の人生が終わるとき
僕らが共に過ごした時を思い出して欲しい

僕たちは二人きりだった
僕はこの歌を君のために歌っていたんだ

君を愛している
いつだって、どこでだって
生涯をかけて君を愛している
君は僕の友人でもある
そして僕の人生が終わるとき
僕らが共に過ごした時を思い出して欲しい

僕たちは二人きりだった
僕はこの歌を君のために歌っていたんだ
僕たちは二人きりだった
僕はこの歌を君のために歌っていたんだ
君のためにこの歌を歌っている

まとめ

秋に聴きたい洋楽を13曲ご紹介しました!

どれも歌詞、音楽、歌唱、どれをとっても秀逸なものばかり。

秋のひと時を彩って、より趣深いものにしてくれることまちがいなしです!

ぜひ聴いてみてください♪

秋に聴きたい洋楽まとめ
  • Autum Leaves / Eric Clapton
  • Don’t know why / Norah Johnes
  • Collide – Acoustic Version / Howie Day
  • Photograph / Ed Sheeran
  • Stay with you / John Legend
  • How long Will I love You / Ellie Goulding
  • Fallin’ /Alicia Keys
  • September / Earth, Wind & Fire
  • Talking To The Moon / Bruno Mars
  • For them / Emily King
  • A Song for You / Donny Hathaway

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました